お薬依頼について

1.お子様への薬は、万全を期する為「与薬依頼書」に必要事項を記載して頂き薬に説明書と一緒に添付して直接手渡しをして下さい。本来は、保護者の方が来園して与えて頂くのが原則ですが、緊急やむを得ない場合で、保護者の方が来園できない時は、保護者と園側で話し合いの上、園側の担当者が保護者に代わって与えます。

2.主治医の診察を受ける時には、お子様がこども園に在園していることと、こども園では原則として薬の使用が出来ないことをお伝え下さい。

3.薬はお子様を診察した医師が処方し調剤したもの、又はその医師の処方によって薬局で調剤されたたものに限ります。保護者の個人的な判断で持参した薬は対応できません。

4.座薬の使用は原則として行いません。熱性けいれん等、やむを得ず使用する場合は、医師からの具体的な指示書を添付して下さい。(初めて使用する座薬については対応できません)尚、使用に当たっては、その都度保護者にご連絡しますのでご承知下さい。

5.「熱が出たら飲ませる」「咳が出たら・・・」「発作が起きたら・・・」というように症状を判断して与えなければならない場合、こども園ではその判断ができません。その都度、保護者にご連絡することになりますので、ご承知下さい。

6.慢性の病気(気管支炎・てんかん・アトピー性皮膚炎、糖尿病等のように、経過が長引くような病気)の日常における投薬や処置については、認定こども園教育保育要領によって、子どもの主治医又は、嘱託医の指示に従うとともに、相互の連携が必要となります。

7.家庭から持参する薬について

1)医師が処方した薬には必ず「与薬依頼書」を添付して下さい。また、処方された薬の説明書も添付して下さい。
2)使用する薬は一回ずつに分けてご用意して頂き、職員に直接手渡しして下さい。
3)薬の袋や容器にはお子さんの名前を必ず書いて下さい。

8.事務所に与薬依頼書をいつでも持ち帰れるように用意してあります。

与薬依頼書 <1つの処方箋につき1枚提出して下さい>   知念こども園

感染症について

1.集団保育の中では、伝染性疾患が出た場合、他の児童への伝染力が強いです。皆に迷惑がかかりますので治るまで休ませてください。
尚、すっかり治ったという医師の完治証明書をもらってから登園してくださるようにご協力お願い致します。

2.完治証明書の必要な感染症

※インフルエンザ        ※水痘(みずぼうそう)

※百日咳            ※咽頭結膜炎(プール熱)・アデノウィルス

※麻疹(はしか)        ※流行性角結膜炎(はやり目)

※流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)※急性出血性結膜炎

※風疹(三日はしか)      ※ヘルパンギーナ

3.完治証明書は、こども園に備えてありますが、病院の完治証明書でもかまいません。(HPからもプリントアウトできます)

※感染症に罹らないために日頃より予防に心がけましょう。

1.日頃より、手洗い、うがいなどを行いましょう。
2.生活リズムで体調を整えましょう。
3.睡眠を十分とりましょう。

※感染症に罹ったら

1.移さないようにしましょう。
2.安静にしましょう。

※頭じらみについて

1.子どもが頭をポリポリかいたりしたときは、頭ジラミを疑い、チェックしてください。シラミを発見した時は担任に伝えましょう。
2.頭じらみとわかった時には、布団等を毎日持ち帰り、洗濯をしましよう。そして病院や薬局で駆除の仕方を聞いて正しく家族も一斉に駆除しましょう。

※曉虫について

1.曉虫が見つかったら、家族一斉に駆除することが基本です。
2.布団等は毎日持ち帰り洗濯しましょう。寝具等は清潔に保つなどの注意が必要です。
3.普段から爪を短く切り、手洗いを習慣づけましょう。

           感染症の出席停止期間の基準

「インフルエンザ診断書」「登園許可証」のダウンロード